株式会社Agoop

株式会社フロンティアダイレクト様_データに基づく来訪者数や属性の把握 ロケーション選定のクオリティが向上

データに基づく来訪者数や属性の把握
ロケーション選定のクオリティが向上

株式会社フロンティアダイレクト
第二営業本部 大阪営業部 様

クライアントのリクエストに応じて最適なイベント会場を提案されている株式会社フロンティアダイレクト様。実施ロケーション選定における「マチレポ」の活用事例についてお話を伺いました。
導入前に課題となっていたことについて教えてください

弊社では販促イベントをクライアントと一緒に形作っており、「会場選定」は重要視している要素の一つになっています。

これまでは、イベント実施予定の商業施設や百貨店へ実際に足を運び、現地の人通りやおおよその年齢層を目視による確認を行っていました。しかし、時間が多くかかってしまうこと、現地にいない人が実施有無の判断をする際に客観的な材料がないなど課題感が多くあり、こういった実情を変える必要があると認識していました。

ー 人流データ導入にあたる意思決定の経緯を教えてください
有用性を見極める観点で、自社の持ち出しでの運用となるため、コストの制限もありました。Agoop社のサービスは無料でのトライアルもあり、他社と比べて見ることのできる項目数の多さや詳細な分析ができることが分かりました。また、私たちの欲しいデータとマッチしていたことや、実際に費用面も他社よりも安価に抑えられていたことが導入への決定材料となりました。
 
itvr①
ー 活用方法や導入効果について教えてください

イベント前の調査・提案や、イベント後のクライアント向けのレポーティングでも活用しております。

実施を検討している施設で分析をかけることができるので、時間帯別や曜日別の来訪者数が把握でき、性別・年代割合で企画しているイベントとのマッチ具合を示すことでクライアントの懸念の解消にも役立っております。

また、イベント実施日の来訪者分析をピンポイントで出せるため数値的なエビデンスで語れるのは大きいと考えています。まだまだ体感ベースでクライアントと目線合わせをする企業がほとんどのなか、ロケーション部分で競合するイベント運営会社より一歩リードできているのは弊社の強みです。

いいロケーションを選定できていることにより、導入前と比べてクライアントからのプロジェクト予算の増額にもつながっています。

ー 今後の展望について教えてください

「マチレポ」の社内への普及や、ロケーション情報のデータベース化を行えないかを今後の展望としております。統一化された情報によりクライアントからの問い合わせにクイックかつ詳細な対応・連携ができ、最終的には受注の確度向上にも直結するのではと考えております。

お客さまプロフィール

法人名

株式会社フロンティアダイレクト

本店所在地

東京都渋谷区渋谷3-3-5 NBF渋谷イースト2F

部署

第二営業本部 大阪営業部

部署業務

SP事業(セールスプロモーション)
BPO事業(ビジネス・プロセス・アウトソーシング
DS事業(デジタル人材育成・ソリューション)

ホームページ

導入サービス

マチレポ

お客さまが指定するエリアの
来訪者数、属性の分析を行う
人流マーケティングツール

もっと見る

まずはお気軽にお問い合わせください